banner_04.gifにほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ不動産投資の収益物件  

2012年07月30日

弱気なせくすい

まあ、10年前は

「未開の地を行く勇気」がある人がのし上がった。

そこには知恵もあれば、無知の勇気も有効だった。


5年前は

「計算された動き」で勝負できた。


この1、2年は

「成功体験を否定する柔軟性」が求められてきた。


ぼろ小屋のような家をリフォームして賃貸に出す。

販売する。そういう人もいた。それが成立した。

新たなフィールドを開く勇気が利益を得た。


でも、全体に金が回らなくなってくると

利回りがどの程度の意味を持つのかについて、多くの人が気がついた。

そう、利回りから価値を判断する方法に

どれだけの意味があるのか。


はっきりいえば、「いわなくても」・・・、収益還元法とはバブルの一種なのである。

その考え方を追認する人がいて、

その考えで融資をしてくれる銀行が多数出現して

初めて価値が認められる。


だから、金が回らなくなったり、利回りから換算して価値はこのくらい?え?なにそれ?

という人が増えたら、

価値など想像のものとなる。


この一二年は、そういう変化の中で生き抜く必要を感じる。


仮に利回り20%のものを買えたとしましょう。

経費や税金を考慮しないとしても

5年維持しないと価値は明確にならない。

あるいは売却しないと。


ねえ。
posted by よこはまセクスイ at 23:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

いいときは、長く続かないもんだ。

いいときを長く続けるのは難しい。

これだけで、「そうだなあ」と思う人もいれば、

「なんのこと?」と思う人もいるでしょう。


まあ、それだけのことなんですが、

不動産投資ってなんだろうと感じる。


不動産業として、仕入れから売却までやっているとしたら、

自転車操業的な面はあっても

常に勝敗が見える。


どういうことかといえば、損したのか得したのか、物件ごとにわかる。

でも、投資という流れの中で、インカムを中心にやっていると

仮に売却できればこのくらいだろうという予想はできても、

あくまで希望価格だし、

大災害が起きてしまえばすべてなくなる可能性がある。


つまり、今、仮にキャッシュが回っていても、

たこが自分の足を食べているのと同じ可能性があるよなと

感じる。


まして、今のように、わからない時期は不安を感じる。


広告などで、能天気に将来に備えようと書いてあるのを見ると

「・・・・・・・・・」

となる。

posted by よこはまセクスイ at 23:08| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

東南アジアで高いもの

それは不動産と車。

車は結構面白い。


最近の日本は、プリウスやその周辺がごろごろ。

10年位前、あるいはもっと前、フランスやベルギー行くと

「なんてヨーロッパの車は小さくてせこいんだ。」と思った。


それがこの頃の日本では、

プリウスは大きいほうで、それ以下の小さいのがごろごろ。

地方行けばKだらけ。


日本は車が高いのか?

実はそうでもない。


日本では維持費としての車検やガソリンは高いと思うが、

車体はやすい。

同じレベルの日本車が、東南アジア行くと

1.5倍から2.5倍の値段になる。

そしてそれでも、道は車だらけ。


つくづく、日本人は相対的に貧乏になったんだなと感じる。


500万円のプリウス買えますか?
posted by よこはまセクスイ at 00:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

円安の罪

まあ、何で不動産投資に円高や円安が気になるかといえば、

日本でいくらがんばっても

円安になれば損をする。


土日をかけて客付けがんばったり、

リフォームを知ろうとなりにがんばって

20年かかって返済したとして、

利益が出たように思っても、

世界的に見たら、

海外の通貨を持っているだけの人が

儲かることになる。


それは悲しすぎる。

基本、投資であっても、努力し頭を使う人が

成果を得るほうがいいと思う。


以前、ハワイの投資に興味を持ったが、

どう見てもバブルで手を出せなかった。


その後リーマンや今のドル安が来て、

まあ、そんなもんだと思ったけど、

まさか日本の不動産投資が

東南アジアの不動産に負けるとは。。。。。そこまでは。。。


でも、それが現実。

その主要因は、円安政策。


うう。
posted by よこはまセクスイ at 23:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

円高はうそとしかおもえない。

ドルやユーロに対して円は上がっている。

リーマン以降だけど。


でも、東南アジアなおに行くと痛感する。

日本円が10年前、15年前に比べ、圧倒的に弱くなっている。

「たかいなー」

とか思うことが多くなった。


現地で知り合いになった人、タクシー運転手、前からの知り合い

誰に聞いても

自信たっぷりに語る。


食料品や、タクシー代は日本円でおもえば今でもやすい。

だから、円高と錯覚するが、

不動産、教育費、輸入品

そのへんはとっても高い。


日本が、輸出立国だとかなんとかで

円安を求める声が新聞によくあがるけど、

違う気がしてならないんです。


通貨が安いと、海外から買えるものが少なくなり、

貧乏になる気がする。
posted by よこはまセクスイ at 21:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。