banner_04.gifにほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ不動産投資の収益物件  

2011年06月24日

甘え

せくすい、人生を反省した。

すでに遅いとは思うが、

やっと気がついた。


せくすい、米国で教育も受けているからか、日本の会社のリーマンが仕事に

必死なのが理解できなかった。

もちろん、同僚も、最近の若手もセクスイよりずっと優秀だと思うことは多々あった。


でも、そういう時は

たまたま不動産投資がある程度順調なこともあり、

「いつでも辞められるって感じ?」

なんて斜めに構えてもいた。


どうしても時簡単金が低いリーマンの仕事になじめないのも正直なところ。

不動産投資の時簡単金が。。。。

だから好きな仕事を選んでいた。

でも、最近気がついた。


「みんな必死なんだ。

いやでも、会社を辞める選択肢はないんだ。。。。

そして自分も真剣にならないといけなかったんだ。。。。」犬


だいたい、真剣でない人間は、すぐに見抜かれる

それはわかっていた。

不動産関係でも、真剣でない相手はすぐにわかる。

おなじこと。


せくすい、遅きに失したが、

いまからでもまじめに働こう。

そう思った。

posted by よこはまセクスイ at 23:23| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不動産投資があるからリーマンはいつでもやめられる、って妄想するときはだいたい壁にぶち当たってるときです(かもじゅうの場合)

最近、上司が変わってリーマン仕事が楽しくなりましたが、理由はやはり「認められてるからと自分中心に仕事が回るから」かなぁと。

この状態に入ると給料上がるとか、待遇変わるとか関係なしにいくらでも頑張れます。

この状態を見つけるために日々地味に働いてるのかなぁなんて思うこともあります。
Posted by かもじゅう at 2011年06月25日 13:26
かもじゅうさん
いつでもやめられるという逃げを持つのは、良くないとわかってはいるんですが。「認められる。」ってのはよくわかります。私も実は認められたいって思う日々だと感じます。
Posted by せくすい at 2011年06月26日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211687149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。