banner_04.gifにほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ不動産投資の収益物件  

2011年09月30日

けっこうお金持ち

以前書いたかもしれないですが、

外資の銀行で最低預金額 いくらというのがある。

日本の銀行法?で保護されないので

破綻の際は1000万円どころか1円も保証されない。


ま、しかし海外でカードを持ち歩くにはメリットも大きいので

いくらか入金した。



家族で海外に行った。

そこは、そこそこのお金持ちと知り合いになった町だが、

その銀行の支店があった。


用事があったので、はいったが

そこには無料のスナック、水、お茶、コーヒーなど

サービスする人がいて、

「何がよろしいでしょう?だんな。」などと聞いてくる。

(ちなみに東京の支店でも出してはくれる。)


子供は、「銀行ってコーヒー出してくれるんだ。。。。。。知らなかった。」わーい(嬉しい顔)

「こういう銀行もあるんだよ。」犬


・・・・・・ソファーに座って担当者をまつ。

と、別に知り合ったお金持ち(事業家)が入ってきた。


「おお、せくすいさん。」かわいい

「あら、先日はありがとうございました。」犬

なんたらかんたら。



しばらくして、思い出してめーるを書いた。



「○○さん、あなたのようなお金持ちは、お金をどう運用してるんですか?

私は銀行やら調べましたが、定期では大して増えない。

あなたに聞くのが一番早いと思うので

良ければ教えてください。」


返事は来た。

「私はたいして金持ちではないから、

事業に使う以外のお金は、F が主だ。

その利回りは平均して8%が実績だ。

もちろん定期預金も一部利用してるけれどね。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちなみにその事業家は

東京で言えば高級住宅地に3F建ての自宅ビルを持っているレベルの人で

なんとなく気があった。



先月会ったときは、本業とは別に、パートナーとして経営する200人くらい入るレストランで中華をおごってくれ、

さらに「自宅にこい。」

と連れて行かれ、自慢に付き合った。



その新築の家は、かなりの豪華さで

せくすいも子供も「わーわー」喜ぶので

満足そうだった。


「よし、もう一軒いきたいか?」

といわれ、会員制のクラブに付き合った。


「○○さん、あなたは成功者に見えるが、親も金持ちなのかい?」


お金持ちが遠くを見つめる。


「父は私が小さいころAWAYしたんだ。

だから私は奨学金で勉強した。

卒業後、しばらく働いてから

事業を起こした。

懸命に働いたさ。」


「あんたすごいんだね。」犬 せくすい単純にきらきら感動する。

「ははは。」


・・・・・・・・・・一曲うたった金持ちがいう、

「せくすいさん、あんたは友達だ。

いつでもうちのゲストルームに泊まりなさい。」


ありがとう。

まあ、でもホテルのほうが気楽かな。犬

散らかしてもいいし。
posted by よこはまセクスイ at 00:21| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


そりゃ、そーだ!
Posted by ポチお at 2011年10月01日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。