banner_04.gifにほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ不動産投資の収益物件  

2011年10月16日

ご本尊と断末魔のさけび

株長者の話で思い出した。

狙った株を安いときに仕入れ、

すこしづつ売り買いを成立させ

ゆっくりと上昇させる。

そのチャートを美しくすることで、

チャートおたくの目に留まる。(とまらせる)

で、高値まで何とかもっていき

ぎりぎりの前に緩やかに売り抜ける。

これが醍醐味。


関連して思い出したのが

ブログ更新がなくなった、何代目かの人。


リーマンのあたり間では羽振りや活動が良かった。

あちこちの展示会?のあと、飲み会をサポート?

まあ、ミニバブルで上昇していれば

気持ちはわかる。


何十棟買った(あくまで買った)という話をブログに書いては

有名になっていた(ようだ)


そして、確かリーマンのころ、

下がり始めた物件相場に対し、

「3億までの物件を紹介もとめます。なんとかかんとか。」

まあ、下がり始める相場に対し、

花火をあげて

盛り上げを図った。


ほんとに買ったかどうかは知らない。

紹介なるものがあったのかも知らない。


ただ、「本尊になり損ねた株仕掛け人の叫び」

がそこに重なった。



もちろん、仕掛けるほどの規模を持っていたわけではないが、

気持ちは痛いほど伝わった。


そして、学ばせていただいた。

借金で買いすぎてはいけない。


うまくいけば、大物。

でも、そこまではひやひや。

下手すればすべてを失う。


・・・・・・・・・・今はどこに・・・・・


話は変わるが、

楽待ちというものを久々に見た。


検索してみると、

「家賃収入1億何センマン」  とかいう、

さわさん?だっけ、


広告うっとおしい。


楽まちを見るのはやめた

大体、

家賃収入がいくらあっても、

たいしたことはないのは

わかる人にはわかる。


まあ、初心者には威力はあるが。

本当の美しき不動産投資は

その収入を自分の商売の計算に入れていない。

かな。


投資は成功してから語ろう。
posted by よこはまセクスイ at 21:37| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうです、投資は成功してから語りま・・・

かもじゅう、語る前にあの世に逝ってしまいます。
Posted by かもじゅう at 2011年10月17日 12:41
かもじゅうさん、
またまたー。ご謙遜を。
Posted by せくすい at 2011年10月20日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。