banner_04.gifにほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ不動産投資の収益物件  

2011年10月31日

壁の先に見えるもの


それほど大したことではないですが、

購入した物件の規模がある程度になり、

それで数年回し、

市場価格を勝手に類推し、

売却したとしても債務超過にはならんだろうなと

思ったとき、

二つの道が生じる。


1、 売って無借金状態に。金は少し残る。(はず)

2、 そのまま借金を背負ったまま、運営を続ける。


1は、少しリッチなリーマンになることを意味し、

2は、借金をせおったまま頑張る事業家になることを意味する。


そこでは、借金は事業の潤滑油になる。

何かがほしいとか、資産を増やしたいとかの借金と異なり、

事業運営のための借金になる。


そのとき、あなたの心に

それまでとは別の羽が生えるはず。


もちろん、今はそれで南の島まで飛ぶことはできないが、

上空に舞い上がることはできる。


今までいた位置を、上空から。

ほーら。
posted by よこはまセクスイ at 21:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232985568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック