banner_04.gifにほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ不動産投資の収益物件  

2012年07月30日

弱気なせくすい

まあ、10年前は

「未開の地を行く勇気」がある人がのし上がった。

そこには知恵もあれば、無知の勇気も有効だった。


5年前は

「計算された動き」で勝負できた。


この1、2年は

「成功体験を否定する柔軟性」が求められてきた。


ぼろ小屋のような家をリフォームして賃貸に出す。

販売する。そういう人もいた。それが成立した。

新たなフィールドを開く勇気が利益を得た。


でも、全体に金が回らなくなってくると

利回りがどの程度の意味を持つのかについて、多くの人が気がついた。

そう、利回りから価値を判断する方法に

どれだけの意味があるのか。


はっきりいえば、「いわなくても」・・・、収益還元法とはバブルの一種なのである。

その考え方を追認する人がいて、

その考えで融資をしてくれる銀行が多数出現して

初めて価値が認められる。


だから、金が回らなくなったり、利回りから換算して価値はこのくらい?え?なにそれ?

という人が増えたら、

価値など想像のものとなる。


この一二年は、そういう変化の中で生き抜く必要を感じる。


仮に利回り20%のものを買えたとしましょう。

経費や税金を考慮しないとしても

5年維持しないと価値は明確にならない。

あるいは売却しないと。


ねえ。
posted by よこはまセクスイ at 23:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

いいときは、長く続かないもんだ。

いいときを長く続けるのは難しい。

これだけで、「そうだなあ」と思う人もいれば、

「なんのこと?」と思う人もいるでしょう。


まあ、それだけのことなんですが、

不動産投資ってなんだろうと感じる。


不動産業として、仕入れから売却までやっているとしたら、

自転車操業的な面はあっても

常に勝敗が見える。


どういうことかといえば、損したのか得したのか、物件ごとにわかる。

でも、投資という流れの中で、インカムを中心にやっていると

仮に売却できればこのくらいだろうという予想はできても、

あくまで希望価格だし、

大災害が起きてしまえばすべてなくなる可能性がある。


つまり、今、仮にキャッシュが回っていても、

たこが自分の足を食べているのと同じ可能性があるよなと

感じる。


まして、今のように、わからない時期は不安を感じる。


広告などで、能天気に将来に備えようと書いてあるのを見ると

「・・・・・・・・・」

となる。

posted by よこはまセクスイ at 23:08| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

3.11

一枚の写真がある。(あった)

黒いどろまみれのわが子を抱いて

悲しい顔の母。。。。。らしき女性。


ネットではほとんど削除されたようだが。

しばしば思い出す。


生活は大事である。

お金を稼ぐのも、人に迷惑かけずに生活するのも、みんなみんな大事。

そんな流れが、あの瞬間

ぶったぎられた。

posted by よこはまセクスイ at 23:55| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

年賀状

年賀状の季節だった。   そういえば。

会社の関係者、親戚、不動産関係者、友達

そして

過去の売主、

そして、

今の入居者。


こういった方から年賀状をもらう。


特に、過去の売主からの賀状は考える。

「売っちゃったけど、あいつ、元気かな?」


っておもってくれてるんだとおもう。

「ええ、元気にしてますよ、あいつ。」


と返してあげる。


自分も過去に売った物件のそばを意識してくるまで通るときがある。

「あいつ元気かな?  売る前に塗装してあげたけど、雨漏りしてないよな?」



なんて思ってしまう。

元気な姿を見るとほっとする。


不動産は気持ちだ。
posted by よこはまセクスイ at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

財布の中

ちょっと海外へいったので、お久しぶりです。


せくすいも会社では

お小遣いは3万円だと話している。


完璧。犬


先日、つい、うっかり、財布の中身を万札だらけにしていた。

と、「千円札のお釣りをほしい。」と会社の人に言われた。

何気なく財布をあけたら

千円札がなかった。

で、「すまん、後でくずすから、、、」犬


といったら、覗き込んで

「えー、だってそんなに千円札があるのに、今払ってよ。」

といわれた。


いや、全部万札ですがな。。。。。。

リーマンはむずい。


普段は千円札ばかりなんですが、その日に限って。。。。
posted by よこはまセクスイ at 19:30| 神奈川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

限界でみえるもの

事業をやっている社長と話をする機会があると思うことがある。

彼らはお金だけを目指して

事業をしてはいない。


人が好きで、つい頑張っているうちに規模がでかくなる。

手に負えず人を増やしているといつの間にかさらにでかく。


お金持ちがどうとか考えもしない。

とおりすぎていく。



かたや素人投資の場合はどうか。

株の世界はべつとして、

不動産やFXではよくて数億円だろう。

もちろん負債はマイナスして。


で、そのとき、生き方にいくつかの道があったことに気がつく。


お金を追う生き方と、気持ちを追う生き方、そして時間を追う生き方。

気持ちを追えば、忙しいし、時間も足りない。

家庭を顧みないときもある。

でも、気持ちは共鳴しあい、

熱い人が寄ってくる。


時間をおえば、リタイアしたお金持ちがたくさんいることにきがつき、

そういう人たちと仲良くなる機会は多い。

家庭はそれなりにほのぼのとうまくいく。


お金を追えば

何が見えるのだろう。


多分、失った時間が見えるのかな。

失った情熱が見えるのかな。




posted by よこはまセクスイ at 23:57| 神奈川 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

セミリタイア

昔よくささやかれた言葉、

それはリタイアだったり、セミリタイアだったり。

人の考えも色々だとは思うが、

セクスイ的には

リーマンからのセミリタイアは

こういう基準だと思っている。


今の年収を他の手段で稼ぐ可能性が

かなり高く、また短時間である。

そして、それなりに面白い手段であること。

もっと言えば、複数あること。


そうなると、リーマンの価値は

「守られている」という所属感(従属?)と

まあ、10年は安泰だろうというみとおし、

そしてリーマンの友達。


そういう感じか?


よくみんながいう、「仕事の満足感」とか

「仕事へのプライド」とか、

「負けると悔しい。」とか、

そういう感情は、どうなんだろうとおもう。

posted by よこはまセクスイ at 17:19| 神奈川 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

壁の先に見えるもの


それほど大したことではないですが、

購入した物件の規模がある程度になり、

それで数年回し、

市場価格を勝手に類推し、

売却したとしても債務超過にはならんだろうなと

思ったとき、

二つの道が生じる。


1、 売って無借金状態に。金は少し残る。(はず)

2、 そのまま借金を背負ったまま、運営を続ける。


1は、少しリッチなリーマンになることを意味し、

2は、借金をせおったまま頑張る事業家になることを意味する。


そこでは、借金は事業の潤滑油になる。

何かがほしいとか、資産を増やしたいとかの借金と異なり、

事業運営のための借金になる。


そのとき、あなたの心に

それまでとは別の羽が生えるはず。


もちろん、今はそれで南の島まで飛ぶことはできないが、

上空に舞い上がることはできる。


今までいた位置を、上空から。

ほーら。
posted by よこはまセクスイ at 21:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

今でもリーマン大家は有効か?


昔は、賃貸物件がそもそも流通していなかった。

そういう時代を知る人はどのくらいいるだろう。

一般の人が不動産屋に入ったとして、

情報としてあるのは

普通に戸建てかマンション。


2ヶ月に一回くらい

腐ったようなアパート。

満室時の家賃という言葉すらなかった。


利回りという言葉もなかった。

IRR?  ふ。。。。わらっちゃう。


物件情報が

月2回くらいかなあ。。。本になって売っていた。

一般向けに。


それ読んで、電話してもまだあった。

そして、最後のほうに競売物件情報があった。

ま、それはそれとして

その当時、融資を受けるという発想もなかった。

大家とは、限りなく地主に近いものだった。


そんな時代に対し、

今は、情報なんてすぐに白日の下へ。

みんな待っている。


そして、新築も乱立。

賃借人は踏み倒す。

保証人は開き直る。

「あっちに請求してくれ。」


いや、あんた、連帯保証人の意味知っている?


こんな時代に、

本やブログに乗せられて

あなたは参入しますか?


それも、換金性の乏しい地方物件に?

都会物件だっていざ売るには時間がかかる。

うまくいかなきゃ売りたくなるんですよ。

この精神的な重さ。


さ、あなたは耐えますか?


。。。。。。。。あ、通販なんとかさんが広告出している。。。。。。。。
posted by よこはまセクスイ at 23:33| 神奈川 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

匿名性


試行錯誤の結果、多くの損失を乗り越え、

穴埋めにリーマン収入をつぎ込み、

その結果今のセクスイがある。


10もあたれば

ひとつくらいあたる可能性は高い。


だが、面倒くさいのは他人のねたみである。

投資をやっている人は

「よーし、私もあのくらいにいつかは。。。。」

という前向きな考えを持ちやすい。


それは、成功が現実的にあることを知っているから。


でも、せくすいの今の消費行動しか見ない人の場合、

場合によっては

ねたましい発言をされる。


はっきり言ってめんどくさいと思う。

だから、匿名性は大事なわけだが、

どうしてもせくすいの実態を知る人はいる。


さまざまなプロは違う。

セクスイレベルなんてごろごろいることを知っているし、

自分たちもそうだから。

それ以上の場合だって。


人の妬みってのは

面倒なんですよ。

posted by よこはまセクスイ at 23:15| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

ご本尊と断末魔のさけび

株長者の話で思い出した。

狙った株を安いときに仕入れ、

すこしづつ売り買いを成立させ

ゆっくりと上昇させる。

そのチャートを美しくすることで、

チャートおたくの目に留まる。(とまらせる)

で、高値まで何とかもっていき

ぎりぎりの前に緩やかに売り抜ける。

これが醍醐味。


関連して思い出したのが

ブログ更新がなくなった、何代目かの人。


リーマンのあたり間では羽振りや活動が良かった。

あちこちの展示会?のあと、飲み会をサポート?

まあ、ミニバブルで上昇していれば

気持ちはわかる。


何十棟買った(あくまで買った)という話をブログに書いては

有名になっていた(ようだ)


そして、確かリーマンのころ、

下がり始めた物件相場に対し、

「3億までの物件を紹介もとめます。なんとかかんとか。」

まあ、下がり始める相場に対し、

花火をあげて

盛り上げを図った。


ほんとに買ったかどうかは知らない。

紹介なるものがあったのかも知らない。


ただ、「本尊になり損ねた株仕掛け人の叫び」

がそこに重なった。



もちろん、仕掛けるほどの規模を持っていたわけではないが、

気持ちは痛いほど伝わった。


そして、学ばせていただいた。

借金で買いすぎてはいけない。


うまくいけば、大物。

でも、そこまではひやひや。

下手すればすべてを失う。


・・・・・・・・・・今はどこに・・・・・


話は変わるが、

楽待ちというものを久々に見た。


検索してみると、

「家賃収入1億何センマン」  とかいう、

さわさん?だっけ、


広告うっとおしい。


楽まちを見るのはやめた

大体、

家賃収入がいくらあっても、

たいしたことはないのは

わかる人にはわかる。


まあ、初心者には威力はあるが。

本当の美しき不動産投資は

その収入を自分の商売の計算に入れていない。

かな。


投資は成功してから語ろう。
posted by よこはまセクスイ at 21:37| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

億単位の壁


週刊誌でしんすけ氏の資産推定額が出ていた。

「40〜50億にはなるはず。」 by週刊誌


しんすけ氏の最盛期の芸能活動でのギャラは

年5億といわれたらしい。

でも、それ以前はもっと安かったので、

芸能活動だけでは

貯金しても資産数億なんだろうという書き方だった。


で、あとの資産は、

競売とその関連。

裏社会とどうだとかはおいといて、

競売と事業で活発に蓄財したように見えて

この金額か。。。。。。。。。というのが感想。犬

また、数十億までは、

「金に興味がある。」というわかりやすい感覚でも

到達できるんだと。・・・・・感想1犬


比較して思うと、

一般のサラリーマンやそのあたりの人が

不動産投資で二十年頑張っても

せいぜい純資産数億なんだろうなと推定する。


億単位までは副業でもいける。

十億の単位は、更なるエンジンが必要。

(漬物を人気商売で売るとか)


百億の単位になるには、

社員数千人、数万人の会社を育て、

カナリ成功しないといけないんだろうね。


そして、そういうレベルの人は

気がついたら資産があった。

と感じるんじゃないだろうか。(脱税まがいの人たちは除く)


目指しているものはちがうはず。

そしてセクスイは一般人だと思う。
posted by よこはまセクスイ at 22:40| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

年間賃料?総投資額?

そうなんだ、

ブログランキングってのを、数年ぶりに見たら

そういう表現になっていた。

 ま、年収って表現が、家賃収入に変わっても

「うそばっか。」

とおもったけど、

年間賃料ならうそではないな。

    ・・・・なあ、じい。(織田信長ふう。)


お、「総投資額?」

投資額かあ。

厳密に言えば、

借金して買った時点の物件価格の合計なんだろうな。

あ、でも投資信託とか買って、思いっきり値下がりしても

総投資額か。

あるいは、くずの投資信託買っても「投資は投資」だしな。

       ・・・・なあ、じい。(信長ふう)


先々の収入に不安を感じ

不動産投資ってのが儲かるらしいときいて、

興味を持ち始めた人には

表現に区別はつかんだろうな。


    ・・・・なあ、じい。


年間賃料がいくらあっても、

火の車の人は

火の車だと思います。


いえ、ブログの人はどうか知りません。

誤解なきよう。わーい(嬉しい顔)


ただ、一般に

ローン組んで買ったら

数年はぜんぜん

債務額が減っていないのが当然なんですよ。

数年で半減したらおかしいでしょ。犬

posted by よこはまセクスイ at 21:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

使わないのは難しい。

最近、ゴルフ月2回、飲み週3回ペースになっている。

その合間に練習に励む。

となると

お金はでていく。


今日、お金の節約のために

地下鉄の駅間を歩いてみた。

でも、その分おなかが減ってたべてしまった。


おもった。

節約してためるのは大変だ。

そして、一度使う生活に慣れたら

戻るのは悲しさをともなう。


おもえば不動産投資を始める前も、

いくばくかのお金がたまれば

いろいろ手を出してみた。


ITバブルでももうけて大損した。

適当に買っても、ITと名がつけば数日で1〜2割増えた。

こんないい話はないと500まん突っ込んで

はんぶん以上なくなった。

そこで気がついた。  才能ないなって。


それでも

使わず、働き、トライしてみることで

いつかは何かを引き当てる。


宝くじ買うよりは可能性は高いはず。

中年になってから

節約を学ぶのはつらい。


あ、ここでトライとは、

雑誌や、ブログで宣伝されている投資や金儲けを

「信じて」 あるいは 「おしえてもらって」

やるのとは違います。


「限られた会員だけに紹介します。」

なんてのがUCASEE?あたりにかいてあったけど、

そういうのは

ありえなーい。
posted by よこはまセクスイ at 21:42| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

うちに任せてもらえませんか?

さあさ、書くよ。不動産ねた。

最近は飲む機会が多い。。。。。。by せくすい


不動産を買うと、

売買の業者さんから言われることがある。

「管理もうちに。。。。」


正直、売買専門の業者さんだから

管理能力に問題があるのは理解している。


が、そこは人間だし、管理に問題がなければいいわけだから

「Ok」という。


過去の経験からして、

入居者が継続する間は幸せな期間となる。

そして、退去、新規募集になって

限界が見えてくる。


やはりもちは餅屋なんである。


で、3ヶ月は我慢する。

その後、「申し訳ないがうちもそろそろ他に頼みたい。」

といえば、

さすがに嫌がられることはない。


なんというか、できれば継続的な収入に協力したい。

が、やはり守備範囲の違いは大きく、

交代はいずれ来る。


ただ、そのときに、お互い納得できるまで

待つのが購入者の心得だと思っている。

そこは「損得」プラス「人」の部分だと思っている。
posted by よこはまセクスイ at 22:43| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

手仕舞い


不動産を相続しない一般人が

銀行から融資を受け、

数センマンの物件を購入して運営できた時代が10年続いた。


早めに気がついて、参入したものは

このまま数年ほっとけば、安定度は増すわけなので

常温停止状態?である。


もちろん、早目参入というのは運だけでなく、

沢山の時間と労力をかけ、

それなりの損失を出した結果だということ。


参考となるものもなく、

自分だけの読みで銀行と折衝して開拓した世界であり、

研究と試行錯誤の人か、

何も考えなかった人だと思う。


すでに10年、一般人が不動産投資を始めて経過している。

もうけ話がシステム化した今、

そろそろ危ないんじゃないかとおもう。


もうけ話は、裾野が広がるころに「うま〜く」手仕舞いされる。

ま、大丈夫かなとは思いますが。犬
posted by よこはまセクスイ at 21:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

なんとかという不動産仲介会社

どこかで登録したのだが、

毎日のように紹介メールのクル会社がある。


本社が確か新宿だったためか

物件紹介が山手線の上のほうに多かった。


ここ数ヶ月、その範囲がさらに埼玉よりになった。

東武何とか、ひばりが丘とかなんとか。

せくすいには縁のない地名が多くなった。

が、利回りは大してよくない。

10%を大きく超える物件はとても遠隔地になる。


どういうことなんだろう?
posted by よこはまセクスイ at 00:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けっこうお金持ち

以前書いたかもしれないですが、

外資の銀行で最低預金額 いくらというのがある。

日本の銀行法?で保護されないので

破綻の際は1000万円どころか1円も保証されない。


ま、しかし海外でカードを持ち歩くにはメリットも大きいので

いくらか入金した。



家族で海外に行った。

そこは、そこそこのお金持ちと知り合いになった町だが、

その銀行の支店があった。


用事があったので、はいったが

そこには無料のスナック、水、お茶、コーヒーなど

サービスする人がいて、

「何がよろしいでしょう?だんな。」などと聞いてくる。

(ちなみに東京の支店でも出してはくれる。)


子供は、「銀行ってコーヒー出してくれるんだ。。。。。。知らなかった。」わーい(嬉しい顔)

「こういう銀行もあるんだよ。」犬


・・・・・・ソファーに座って担当者をまつ。

と、別に知り合ったお金持ち(事業家)が入ってきた。


「おお、せくすいさん。」かわいい

「あら、先日はありがとうございました。」犬

なんたらかんたら。



しばらくして、思い出してめーるを書いた。



「○○さん、あなたのようなお金持ちは、お金をどう運用してるんですか?

私は銀行やら調べましたが、定期では大して増えない。

あなたに聞くのが一番早いと思うので

良ければ教えてください。」


返事は来た。

「私はたいして金持ちではないから、

事業に使う以外のお金は、F が主だ。

その利回りは平均して8%が実績だ。

もちろん定期預金も一部利用してるけれどね。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちなみにその事業家は

東京で言えば高級住宅地に3F建ての自宅ビルを持っているレベルの人で

なんとなく気があった。



先月会ったときは、本業とは別に、パートナーとして経営する200人くらい入るレストランで中華をおごってくれ、

さらに「自宅にこい。」

と連れて行かれ、自慢に付き合った。



その新築の家は、かなりの豪華さで

せくすいも子供も「わーわー」喜ぶので

満足そうだった。


「よし、もう一軒いきたいか?」

といわれ、会員制のクラブに付き合った。


「○○さん、あなたは成功者に見えるが、親も金持ちなのかい?」


お金持ちが遠くを見つめる。


「父は私が小さいころAWAYしたんだ。

だから私は奨学金で勉強した。

卒業後、しばらく働いてから

事業を起こした。

懸命に働いたさ。」


「あんたすごいんだね。」犬 せくすい単純にきらきら感動する。

「ははは。」


・・・・・・・・・・一曲うたった金持ちがいう、

「せくすいさん、あんたは友達だ。

いつでもうちのゲストルームに泊まりなさい。」


ありがとう。

まあ、でもホテルのほうが気楽かな。犬

散らかしてもいいし。
posted by よこはまセクスイ at 00:21| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

せくすい 破綻  か?

一ヶ月近く更新がないブロガーがいた。

多数派として、不動産投資に失敗すると

ブログ更新なんて興味がなくなる。


もちろん、投資に関係なくブログをやめる人もいるが。


「せくすいさん更新ないけど大丈夫?」

ありがたいことだ。



この一ヶ月いや、一ヵ月半、いろいろあって多忙でした。

その間に投資戦略の変化に気がつきました。



借金が残っていようが

キャッシュ一括購入がいいのではないかと。



また、別の行動もとっていました。



今、関東の県庁所在地(相当の都市)を見て歩いている。
(ゴルフをしながら)

たった一つの県庁所在地でも

とても広い。

住むのに人気の場所というのは限られている。

そして、そういう場所の利回りは意外に悪い。

(価格はそれほどでもないが)


レンガを模したかっこいいアパートが林立していたりして

最初は興味を持ったが、

同じようなかっこいい、しかも新しいのがありすぎる。


これだと、古い物件は価格で勝負だろうなと。

大家さんが精一杯中身を充実して

どの程度効果があるんだろう。。。。。と思った。


結論として、

自分で知らない土地の物件を買うというのは

かなりギャンブルだ。


実は海外もあたってました。

物件を絞り込み、その一方で中小のゼネコン?オーナーと仲良くなり

いろいろ聞いた。

posted by よこはまセクスイ at 23:52| 神奈川 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

終わりなき借金

物件に対する感覚が鋭くなると、

良い物件を逃すことが難しくなる。


そうなると、さくっと借金して買うことになる。

税金他沢山払っても返済は出来るのだが、

ふと気がつく。


あれ?

借金増えてる?

そんなわけで、またしばらくは返済に努力。


数年経つと、借金が少し減り、

さらに、借金が日常になる。


と、

目の前を良い物件が通り過ぎようとする。

「あ」


終わりはいつ?犬

posted by よこはまセクスイ at 23:17| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする